夜景撮影

夜景撮影のコツと設定:美しい星空や街並みを撮る方法

綺麗な街並みの夜景
takeyoshi

夜景撮影は独特の雰囲気を持ち、特にタイムラプス動画ではその魅力がさらに引き立ちます。

ミラーレスカメラを持っている方に向けて、夜景撮影のコツや設定、最適なレンズ選びを解説します。

夜景撮影の基本設定

1

適切な露出設定を行う

夜景撮影では、シャッタースピード、絞り、ISO感度の3つを調整して、適切な露出を得ることが重要です。

長時間露光を行うことで、星空や街並みの光を美しく捉えることができます。

シャッタースピード

シャッタースピードは、カメラが光を感知するセンサーに光を当てる時間の長さを指します。シャッタースピードが長いと、より多くの光を取り込むことができますが、その分ブレや動きが写真に影響する可能性が高まります。

夜間撮影では、光が少ないため、長いシャッタースピードを用いて光を十分に取り込む必要があります。ただし、ブレを防ぐために三脚を使用することが推奨されます。

絞り

絞りは、レンズの開口部の大きさを調整することで、光の量をコントロールする要素です。絞り値が小さいほど(F値が低いほど)、開口部が大きくなり、多くの光が取り込まれます。逆に、絞り値が大きいほど(F値が高いほど)、開口部が小さくなり、光の量が減ります。

夜間撮影では、光が少ないため、絞り値を小さくして、できるだけ多くの光を取り込むことが重要です。

ISO感度

ISO感度は、カメラのセンサーが光を感知する感度を表します。ISO感度が高いほど、センサーが光に対して敏感になり、暗いシーンでも明るい写真が撮れます。ただし、ISO感度を上げることで、画像にノイズ(粒子状の乱れ)が発生しやすくなります。

夜間撮影では、光が少ないため、ISO感度を適切に調整して、明るさとノイズのバランスを取ることが重要です。ISO感度を上げすぎず、適切なシャッタースピードと絞り値を使って光を取り込むことが望ましいです。

2

三脚を使用してカメラを安定させる

夜景撮影では、特に長時間露光を行う場合、カメラを安定させるために三脚の使用が必須です。

三脚を使用することで、ブレのない美しい夜景や星空の写真を撮影することができます。

あわせて読みたい
コンパクトで安定性抜群!夜景・星景撮影向け3脚4選
コンパクトで安定性抜群!夜景・星景撮影向け3脚4選

タイムラプス動画撮影の設定

インターバル撮影を行う

タイムラプス動画は、時間の経過を早送りのように見せる動画で、一定間隔で撮影した静止画を組み合わせて作成します。

この一定間隔で連続して写真を撮影する方法を「インターバル撮影」と呼びます。 インターバル撮影を行うためには、カメラの設定で以下の項目を調整します。

撮影間隔(インターバル)

2つの写真を撮影する間の時間を指定します。例えば、5秒の間隔で撮影すると、5秒ごとに1枚ずつ写真を撮ります。

撮影間隔は、被写体の動きや変化の速さに合わせて選びます。例えば、ゆっくりと変化する星空では、30秒~1分の間隔が適切です。

撮影枚数

インターバル撮影で撮る写真の総枚数を設定します。撮影枚数を多くすることで、タイムラプス動画の長さが長くなりますが、撮影時間も増えます。

逆に、撮影枚数を少なくすると、タイムラプス動画の長さが短くなりますが、撮影時間も短くなります。動画の長さや撮影できる時間を考慮して、適切な撮影枚数を設定しましょう。

露出設定

前述の夜間撮影時の適切な露出設定が適用されます。

インターバル撮影時も、適切な露出を保つことが重要です。

カメラによっては、インターバル撮影機能が内蔵されていない場合があります。そのような場合には、外付けのインターバルタイマーを購入して、カメラに接続して使用することができます。

インターバル撮影を行った後は、撮影した静止画を動画編集ソフトで組み合わせて、タイムラプス動画を作成します。

インターバルタイマー
CANON対応 RS-60E3 / オリンパス対応 RM-CB2 / ペンタックス対応 CS-205 タイマー機能付 互換 シャッターリモコン レリーズ
created by Rinker
動画編集ソフトでタイムラプス動画を作成
Adobe Creative Cloud コンプリートプラン アドビ クリエイティブクラウド 12か月版 パッケージ(POSAカード)版【Mac/Windows】
created by Rinker

動画編集ソフトでフレームレートを設定することで、滑らかな動画を作成することができます。フレームレートが高いほど、動画は滑らかになりますが、データ量も増えるため、適切なフレームレートを選択しましょう。

一般的には、24fps(フレーム/秒)が映画のような自然な動きを作り出すために推奨されます。

撮影した静止画を動画編集ソフトを使ってタイムラプス動画にまとめます。

フレームレートを設定し、滑らかな動画を作成することができます。

最適なレンズ選び

明るいレンズを選ぶ

夜景撮影では、明るいレンズ(低F値)が望ましいです。

明るいレンズを使用することで、星や街並みの光を美しく捉えることができます。

広角レンズで広範囲を撮影する

広角レンズを使用することで、広範囲の夜景や星空を一度に撮影することができます。

夜景撮影では、広角レンズが有効に働き、ダイナミックなシーンを表現することができます。

高解像度レンズを選ぶ

夜景撮影やタイムラプス動画では、細かいディテールを美しく捉えることが重要です。

高解像度のレンズを選ぶことで、鮮明な画像を得ることができます。

夜景撮影におすすめのレンズ

夜景撮影におすすめのレンズを各マウント3本ずつまとめました。

詳しくは下記の記事をご確認下さい。

あわせて読みたい
美しい星空タイムラプスを実現!厳選おすすめレンズリスト12選
美しい星空タイムラプスを実現!厳選おすすめレンズリスト12選
夜景撮影のコツと設定

まとめ

夜景撮影で美しい星空や街並みのタイムラプス動画を撮るためには、基本設定や適切なレンズ選びが重要です。

適切な露出設定を行い、三脚を使用してカメラを安定させることで、ブレのない美しい画像を得ることができます。タイムラプス動画撮影の設定では、インターバル撮影を行い、動画編集ソフトでタイムラプス動画を作成します。

最適なレンズ選びでは、明るいレンズ、広角レンズ、高解像度レンズを選ぶことがポイントです。これらのコツと設定を活用して、美しい夜景撮影やタイムラプス動画を楽しみましょう。

ABOUT ME
studio LINK
studio LINK
”日常を映画に”する映像studio
カメラマン一人の小さなstudioです。 皆さまのかけがえの無い時間を大切に記録するお手伝いをさせて頂ければ幸いです。
記事URLをコピーしました