F値

【お猿でも分かる】F値の基本を知ろう!明るさとボケの関係解説

抱き合う猿の親子
takeyoshi

F値の基本とは?

F値とは?画像で解説

F値は、レンズの明るさと被写界深度(ボケ具合)を示す数値です。

F値が小さいほど明るいレンズで、ボケも大きくなります。

おサル
おサル

明るさとボケの関係があるんだね。

でも、どうしてそうなるの?

F値が小さい

明るさとボケの関係性

F値が小さいとは?分かりやすい画像

F値が小さいと、レンズの開口部(絞り)が大きくなります。開口部が大きいと、光がたくさん入るため、明るい写真が撮れるんです。

逆に、開口部が大きいと被写界深度が浅くなり、ボケが大きくなるんです。

おサル
おサル

なるほど、開口部が大きいと明るくてボケるんだね。

じゃあ、F値が大きいとどうなるの?

F値が大きい場合の特徴

F値が大きいとは

F値が大きいと、開口部が小さくなります。開口部が小さいと、光が少なくなるため、暗い写真になります。

また、被写界深度が深くなり、ボケが小さくなるんです。

おサル
おサル

そうなんだ!じゃあ、F値を調整することで、いろんな写真が撮れるんだね。

そうですね。F値を上手に使う事で、色々な表現が出来ます。

F値を変えることで得られる効果

白い髪の若い女性

F値を変えることで、明るさやボケ具合を調整して、いろんな表現ができます。

例えば、ポートレート写真では、被写体を強調し、背景をぼかすために、F値が小さいレンズが使われます。

おサル
おサル

なるほど!F値が低ければ低いほど背景がボケるのか!

そうですね。ですので背景をボカす事で対象を強調したいポートレート写真には低F値がいいとされています。

おサル
おサル

背景がボケているとなんかいい雰囲気に見えるもんね!なるほどなるほど。

じゃあ、画角一杯撮影したい風景写真だとどうなるんだろう?

風景写真でのF値の使い方

雄大なる緑の大地

風景写真では前景から背景までくっきり写したいので、F値が大きい方が良いです。

ボケが少なく、全てを鮮明に写す事が出来ます。

おサル
おサル

へぇ、F値ってすごく大事なんだね。カメラマンさん、ありがとう!

F値の使い分けのポイント

おサルさん、覚えておいていただきたいのは、F値の使い分けが大切であるということです。

撮りたい被写体やシーンに合わせて、F値を上手に変えていくことが重要なのです。

おサル
おサル

うん、分かった!カメラマンさん、これからもいろんなこと教えてね。

勿論です、おサルさん。一緒にカメラのたのしさを知っていきましょう!

おサルでも分かるF値

まとめ

今日はF値について学びましたね。F値はレンズの明るさとボケ具合を調整するための数値で、小さいほど明るくてボケが大きく、大きいほど暗くてボケが小さくなります。

撮りたい被写体やシーンに合わせて、F値を使い分けることが大切です。

おサル
おサル

ありがとう、カメラマンさん!

これからもっとカメラのことを勉強して、いろんな写真を撮りたいな。

ABOUT ME
studio LINK
studio LINK
”日常を映画に”する映像studio
カメラマン一人の小さなstudioです。 皆さまのかけがえの無い時間を大切に記録するお手伝いをさせて頂ければ幸いです。
記事URLをコピーしました