バッテリー

映像制作現場の救世主!ポータブル電源選びのおすすめランキングTOP5

ポータブル電源を持って佇む男性
takeyoshi

映像制作現場での電源問題とは?

映像制作の現場では、電源供給が不安定であったり、長時間の撮影を行うために十分な電源が確保できないことが課題となります。

そんな悩みを解決するために、ポータブル電源の導入が考えられます。

ポータブル電源選びのポイント

ポータブル電源を選ぶ際には、出力容量や充電時間、携帯性などが重要なポイントです。

映像制作に適したポータブル電源を選ぶため、今回は映像制作現場でおすすめのポータブル電源をランキング形式でご紹介します。

第1位

EcoFlow Technology EcoFlow DELTA 2

EcoFlow DELTA 2は、映像制作現場のパワフルなパートナーとして圧倒的なパフォーマンスを提供します。最大3600Wの出力容量で、カメラ、照明機器、その他のデバイスを同時にサポート。

急速充電機能によりわずか2時間でフル充電が可能で、撮影の合間でも充電が容易です。さらにソーラーパネル対応で環境に優しく、どんな現場でも安定した電源供給を実現します。

EcoFlow DELTA 2があれば、映像制作の限界を打ち破り、あなたのクリエイティブなビジョンをサポートします。

第2位

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 240

Jackery ポータブル電源 240は映像制作現場において優れたパワーサポートを提供します。240Whの出力容量でカメラや照明機器をしっかりと支え、複数の出力ポートによりさまざまなデバイスへの対応が可能です。

コンパクトで持ち運びに便利なデザインは、どこでも安定した電源供給を実現し、クリエイティブな現場をより一層サポートします。

このポータブル電源があれば、あなたの映像制作がさらにスムーズに進むことでしょう。

第3位

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 708

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 708

Jackery ポータブル電源 708は、映像制作現場の信頼性と機能性を兼ね備えた究極の電源ソリューションです。

出力容量708Whで、高性能カメラや照明機器など、さまざまな機器をサポート。ソーラーパネル対応で環境にも優しい選択が可能です。ディスプレイにより電源残量を簡単に確認でき、撮影現場での電源管理が容易になります。

Jackery ポータブル電源 708があれば、どんな撮影環境でも安心してクリエイティブな作品を創り出せます。

第4位

JVC BN-RB62

JVC BN-RB62は、映像制作に特化した優れたポータブル電源です。出力容量196Whで、カメラや照明機器といった撮影機材にも対応。

さらに、デュアル出力機能により、複数の機器を同時に駆動することができ、効率的な撮影を実現します。

JVC BN-RB62は、プロフェッショナルな映像制作をサポートする、信頼性と性能を兼ね備えたポータブル電源です。

第5位

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 1500 PTB152

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 1500 PTB152

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 1500 PTB152は、高い出力容量1500Whで、映像制作現場の電源ニーズを網羅する優れたポータブル電源です。

多様なデバイスへの対応力が高く、カメラ、照明機器、その他撮影用機材を同時に駆動させることが可能です。さらに、ソーラーパネルでの充電対応や、ディスプレイで残量が一目でわかる機能があり、現場での利便性を高めます。

耐久性と安定性を兼ね備えたJackery ポータブル電源 1500 PTB152は、映像制作の電源問題を解決する最適な選択です。

まとめ

映像制作現場での電源問題を解決するためのポータブル電源選びは、出力容量や充電時間、携帯性などが重要です。

この記事では、映像制作現場でおすすめのポータブル電源をランキング形式でご紹介しました。それぞれの撮影状況や機器に合わせて、最適なポータブル電源を選んでください。

これで、映像制作現場での電源問題も解決し、よりクリエイティブな作品作りが可能になります。

ABOUT ME
studio LINK
studio LINK
”日常を映画に”する映像studio
カメラマン一人の小さなstudioです。 皆さまのかけがえの無い時間を大切に記録するお手伝いをさせて頂ければ幸いです。
記事URLをコピーしました